AnyPortrait > マニュアル > Bakeダイアログ

Bakeダイアログ


1.1.8



v1.1.0以降、BakeダイアログのUIが部分的に変更されました。
画面の上部にあるBakeボタンを押すと、Bakeダイアログボックスが表示されます。
ダイアログの上部には、 「Bake」タブ「Setting」タブがあります。
「Setting」タブには、Bake用のapPortraitの設定が含まれています。


[ Bakeタブ ]
1. Portrait : apPortraitは現在編集中です。
2. Bake Scale : AnyPortraitの座標系はUnityの座標系とは異なるので、これに合うのはサイズの比です。
3. Z Per Depth : 各メッシュのZ間隔。 小さすぎると「Z-Fighting」の問題が発生することがあります。
4. Bake : BakeしてUnityに出す。
5. Optimized Baking Target
6. Optimized Bake : 最適化されたBakeをしてUnityに出す。


[ Settingタブ ]
7. Color Space
: Unityの色空間(Gamma / Linear)に合わせてBakeをすることができます。


8. Sorting Layer / Order
: メッシュのレンダリング順序を決定するオプションであり、「Sorting Order」を割り当てる方法を決定することができます。 (関連ページ


9. Mecanim 設定
: 「Mecanim」を使用するかどうかと、「Animator」に含まれる「Animation Clipが生成されるパス」を設定することができます。


10. Important 設定
: 「Important」をオフにすると、指定した「FPS」分だけ更新をします。
ゲームなどで重要でないオブジェクトやNPCの場合、最適化のために「Important」をオフにして更新を制限することができます。基本的にはオンになっています。 (関連ページ


11. Billboard
: 正面が常にカメラを向くように強制する設定です。
「ビルボード」が有効な場合、「Perspectiveカメラ」を利用することが可能で、キャラクターを3Dシーンに配置することが可能です。 (関連ページ


12. Shadow 設定
: 「Mesh Renderer」の「Shadow設定」を一括して指定することができます。
(基本的に提供されるShaderでは「Receive Shadows」をつけても影が適用されません。)


13. Render Pipeline
: プロジェクトの「Render Pipeline(Default / Scriptable Render Pipeline)」に合わせて設定するためのオプションです。
(Unity 2019からサポートされているオプションです。)
このオプションは、クリッピングメッシュが正常に描画されるよう作成されます。
「Render Pipeline」と「マテリアル」に関する設定は、次のページを参照してください。
マテリアルライブラリ / Lightweight Render Pipeline


14. VR Option
: VRを利用したり、複数のカメラを利用する場合のレンダリングオプションです。
このオプションは、クリッピングメッシュとビルボード計算が実行環境に合わせて作成します。
VRの説明は、次のページを参照してください。
VRにビルド


15. Flipped Mesh
: これはメッシュの大きさが逆転されると、正常にレンダリングされるように補正する機能に関するオプションです。
このオプションによってリギングされたメッシュもこの処理に含まれるかどうかを決定します。
(関連ページ)


16. Scale of Root Bone
: 「子メッシュグループ」と「ルートのボーン」の間のサイズ演算に関するオプションです。
(関連ページ)


15. Set Ambient Light to Black color
: Unityシーンの「Ambient色」を黒に作ってキャラクターが過度に明るく表示されることを防止します。







Ambient Light設定をAnyPortraitに合わせて変更


1.1.2

AnyPortraitでキャラクターを作成し、「Bake」をすると、文字が過度に明るく表示される経験を一度経験し見たことです。
これAnyPortraitのキャラクターがシーンの「Ambient Light」の適用を受けるためです。
正しく適用するためには、「Ambient Light」を黒に変えなければならが、Bakeダイアログでこの作業を迅速に行うことができます。




Bake直後にUnityシーンでのレンダリング画面です。
元の色と異なって、過度に明るくレンダリングがされていることを見ることができます。




Bakeダイアログの「Setting」タブで「Set Ambient Light to Black Color」ボタンをクリックします。




Ambient設定が変わり、通常の明るさでレンダリングがされていることを見ることができます。