AnyPortrait > スクリプト > メッシュ、メッシュグループ

メッシュ、メッシュグループ


メッシュの色やテクスチャの変更、位置の制御などの機能をガイドします。
エディタでは、メッシュとメッシュグループのデータは、「Bake」の後に「apOptTransform」に変換されます。
シーンの「apOptTransform」を参照することは、メッシュまたはメッシュグループを参照することと同じです。
テクスチャのバッチ変換や「Draw Call Batching」機能も用意されています。


public apOptTransform GetOptTransform ( string transformName )
public apOptTransform GetOptTransform ( int rootUnitIndex, string transformName )
説明

   「apOptTransform」を名で検索して返します。
   「apOptTransform」の名前は、メッシュまたはメッシュグループの名前です。
   「Root Unit」インデックスを指定しない場合は、まずレンダリングされている「Root Unit」から完全な検索を実行します。


パラメーター

   int rootUnitIndex : 「Root Unit」インデックス (存在しない場合は、すべて検索)
   string transformName : 「apOptTransform」の名 (エディタ上のメッシュまたはメッシュグループの名前)


リターン

   apOptTransform : apOptTransformが返されます。 そうでない場合はnullを返します。


public Transform GetOptTransformSocket ( apOptTransform optTransform )
public Transform GetOptTransformSocket ( string transformName )
public Transform GetOptTransformSocket ( int rootUnitIndex, string transformName )
説明

   apOptTransform内のソケットを参照します。
   ソケットについては、関連ページを参照してください。


パラメーター

   apOptTransform optTransform : ソケットを含む「apOptTransform」
   int rootUnitIndex : 「Root Unit」インデックス (存在しない場合は、すべて検索)
   string transformName : 「apOptTransform」の名 (エディタ上のメッシュまたはメッシュグループの名前)


リターン

   Transform : apOptTransformの「Socket Transform」そうでない場合はnullを返します。


public bool SetOptTransformPosition ( apOptTransform optTransform, Vector3 position,
                Space space, float weight = 1.0f )
public bool SetOptTransformPosition ( string transformName, Vector3 position,
                Space space, float weight = 1.0f )
public bool SetOptTransformPosition ( int rootUnitIndex, string transformName, Vector3 position,
                Space space, float weight = 1.0f )
説明

   apOptTransformの位置を制御します。
   あなたは重みを使用して補間することができます。


パラメーター

   apOptTransform optTransform : 制御される「apOptTransform」
   int rootUnitIndex : 「Root Unit」インデックス (存在しない場合は、すべて検索)
   string transformName : 「apOptTransform」の名 (エディタ上のメッシュまたはメッシュグループの名前)
   Vector3 position : 移動する位置
   Space space : 「World」はシーンの座標系を指し、「Self」はapPortraitの座標系を指す。
   float weight : 元の値との補間のための重み


リターン

   bool : 存在しない「apOptTransform」を参照する場合はfalseを返します。


public bool SetOptTransformRotation ( apOptTransform optTransform, float angle,
                Space space, float weight = 1.0f )
public bool SetOptTransformRotation ( string transformName, float angle,
                Space space, float weight = 1.0f )
public bool SetOptTransformRotation ( int rootUnitIndex, string transformName, float angle,
                Space space, float weight = 1.0f )
説明

   apOptTransformの回転角度を制御します。
   あなたは重みを使用して補間することができます。


パラメーター

   apOptTransform optTransform : 制御される「apOptTransform」
   int rootUnitIndex : 「Root Unit」インデックス (存在しない場合は、すべて検索)
   string transformName : 「apOptTransform」の名 (エディタ上のメッシュまたはメッシュグループの名前)
   float angle : 回転する角度 (Degree)
   Space space : 「World」はシーンの座標系を指し、「Self」はapPortraitの座標系を指す。
   float weight : 元の値との補間のための重み


リターン

   bool : 存在しない「apOptTransform」を参照する場合はfalseを返します。


public bool SetOptTransformScale ( apOptTransform optTransform, Vector3 scale,
                Space space, float weight = 1.0f )
public bool SetOptTransformScale ( string transformName, Vector3 scale,
                Space space, float weight = 1.0f )
public bool SetOptTransformScale ( int rootUnitIndex, string transformName, Vector3 scale,
                Space space, float weight = 1.0f )
説明

   apOptTransformのサイズを制御します。
   あなたは重みを使用して補間することができます。


パラメーター

   apOptTransform optTransform : 制御される「apOptTransform」
   int rootUnitIndex : 「Root Unit」インデックス (存在しない場合は、すべて検索)
   string transformName : 「apOptTransform」の名 (エディタ上のメッシュまたはメッシュグループの名前)
   Vector3 scale : スケール値
   Space space : 「World」はシーンの座標系を指し、「Self」はapPortraitの座標系を指す。
   float weight : 元の値との補間のための重み


リターン

   bool : 存在しない「apOptTransform」を参照する場合はfalseを返します。


public void SetMeshImage ( apOptTransform optTransform, Texture2D texture )
public void SetMeshImage ( string transformName, Texture2D texture )
public void SetMeshImage ( int rootUnitIndex, string transformName, Texture2D texture )
public void SetMeshImage ( apOptTransform optTransform, string imageName )
public void SetMeshImage ( string transformName, string imageName )
public void SetMeshImage ( int rootUnitIndex, string transformName, string imageName )
説明

   apOptTransformのテクスチャを切り替えます。
   テクスチャが置き換えられると、「Draw Call」が増加することがあります。


パラメーター

   apOptTransform optTransform : 参照される「apOptTransform」
   int rootUnitIndex : 「Root Unit」インデックス (存在しない場合は、すべて検索)
   string transformName : 「apOptTransform」の名 (エディタ上のメッシュまたはメッシュグループの名前)
   Texture2D texture : 置き換えるテクスチャ
   string imageName : AnyPortraitエディタに保存されている画像を置き換えるときは、画像の名前


public void SetMeshColor ( apOptTransform optTransform, Color color2X )
public void SetMeshColor ( string transformName, Color color2X )
public void SetMeshColor ( int rootUnitIndex, string transformName, Color color2X )
説明

   apOptTransformの色を設定します。
   色は 2X Multiplyとして計算されるので、デフォルトはグレー(0.5、0.5、0.5、1)です。
   色がデフォルトでない場合、「Draw Call」が増加することがあります。


パラメーター

   apOptTransform optTransform : 参照される「apOptTransform」
   int rootUnitIndex : 「Root Unit」インデックス (存在しない場合は、すべて検索)
   string transformName : 「apOptTransform」の名 (エディタ上のメッシュまたはメッシュグループの名前)
   Color color2X : 置き換える色 (2X Multiply)


public void SetMeshAlpha ( apOptTransform optTransform, float alpha )
public void SetMeshAlpha ( string transformName, float alpha )
public void SetMeshAlpha ( int rootUnitIndex, string transformName, float alpha )
説明

   apOptTransformの色のアルファ(透明度)を設定します。
   デフォルト値は1です。 それ以外の場合は、「Draw Call」が増加することがあります。


パラメーター

   apOptTransform optTransform : 参照される「apOptTransform」
   int rootUnitIndex : 「Root Unit」インデックス (存在しない場合は、すべて検索)
   string transformName : 「apOptTransform」の名 (エディタ上のメッシュまたはメッシュグループの名前)
   float alpha : 置換するアルファ


public void SetMeshCustomImage ( apOptTransform optTransform, Texture2D texture, string propertyName )
説明

   apOptTransformのテクスチャを置き換えます。
   テクスチャが置き換えられると、「Draw Call」が増加することがあります。
   「_MainTex」を対象とする場合は、「SetMeshImage」関数を使用してください。


パラメーター

   apOptTransform optTransform : 参照される「apOptTransform」
   Texture2D texture : 置き換えるテクスチャ
   string propertyName : シェーダのプロパティ名


public void SetMeshCustomColor ( apOptTransform optTransform, Color color2X, string propertyName )
説明

   apOptTransformの色を設定します。
   色は 「2X Multiply」として計算されるので、デフォルトはグレー(0.5、0.5、0.5、1)です。
   色がデフォルトでない場合、「Draw Call」が増加することがあります。
   「_Color」を対象とする場合は、「SetMeshColor」関数を使用してください。


パラメーター

   apOptTransform optTransform : 参照される「apOptTransform」
   Color color2X : 置き換える色 (2X Multiply)
   string propertyName : シェーダのプロパティ名


public void SetMeshCustomAlpha ( apOptTransform optTransform, float alpha, string propertyName )
説明

   apOptTransformの色のアルファ(透明度)を設定します。
   デフォルト値は1です。 それ以外の場合は、「Draw Call」が増加することがあります。
   「_Color」を対象とする場合は、「SetMeshAlpha」関数を使用してください。


パラメーター

   apOptTransform optTransform : 参照される「apOptTransform」
   float alpha : 置換するアルファ
   string propertyName : シェーダのプロパティ名


public void SetMeshCustomFloat ( apOptTransform optTransform, float floatValue, string propertyName )
説明

   apOptTransformのマテリアルの 「Float」プロパティの値を設定します。
   この関数が呼び出されると、「Draw Call」が増加することがあります。


パラメーター

   apOptTransform optTransform : 参照される「apOptTransform」
   float floatValue : 「Float」値
   string propertyName : シェーダのプロパティ名


public void SetMeshCustomInt ( apOptTransform optTransform, int intValue, string propertyName )
説明

   apOptTransformのマテリアルの 「Int」プロパティの値を設定します。
   この関数が呼び出されると、「Draw Call」が増加することがあります。


パラメーター

   apOptTransform optTransform : 参照される「apOptTransform」
   int intValue : 「Int」値
   string propertyName : シェーダのプロパティ名


public void SetMeshCustomVector4 ( apOptTransform optTransform, Vector4 vector4Value, string propertyName )
説明

   apOptTransformのマテリアルの 「Vector4」プロパティの値を設定します。
   この関数が呼び出されると、「Draw Call」が増加することがあります。


パラメーター

   apOptTransform optTransform : 参照される「apOptTransform」
   Vector4 vector4Value : 「Vector4」値
   string propertyName : シェーダのプロパティ名


public void SetMeshCustomTextureOffset ( apOptTransform optTransform, Vector2 textureOffsetValue, string propertyName )
1.1.4
説明

   apOptTransformの材質の「Texture」の「Offset」属性の値を設定します。
   この関数が呼び出されると、「Draw Call」が増加することがあります。


パラメーター

   apOptTransform optTransform : 参照される「apOptTransform」
   Vector2 textureOffsetValue : 「Texture Offset」値
   string propertyName : シェーダのプロパティ名


public void SetMeshCustomTextureScale ( apOptTransform optTransform, Vector2 textureScaleValue, string propertyName )
1.1.4
説明

   apOptTransformの材質の「Texture」の「Offset」属性の値を設定します。
   この関数が呼び出されると、「Draw Call」が増加することがあります。


パラメーター

   apOptTransform optTransform : 参照される「apOptTransform」
   Vector2 textureScaleValue : 「Texture Scale」値
   string propertyName : シェーダのプロパティ名


public void ShowMesh ( apOptTransform optTransform )
public void ShowMesh ( string transformName )
public void ShowMesh ( int rootUnitIndex, string transformName )
説明

   メッシュを含むapOptTransformを表示します。


パラメーター

   apOptTransform optTransform : レンダリングするapOptTransform
   int rootUnitIndex : 「Root Unit」インデックス (存在しない場合は、すべて検索)
   string transformName : 「apOptTransform」の名 (エディタ上のメッシュまたはメッシュグループの名前)​


public void HideMesh ( apOptTransform optTransform )
public void HideMesh ( string transformName )
public void HideMesh ( int rootUnitIndex, string transformName )
説明

   メッシュを含むapOptTransformを非表示にします。


パラメーター

   apOptTransform optTransform : 非表示にするapOptTransform
   int rootUnitIndex : 「Root Unit」インデックス (存在しない場合は、すべて検索)
   string transformName : 「apOptTransform」の名 (エディタ上のメッシュまたはメッシュグループの名前)


public apOptTextureData GetOptTextureData ( string optTextureName )
説明

   apOptTransformメッシュが同じテクスチャを使用する場合は、「apOptTextureData」ですべてを制御することができます。
   apOptTextureData関数を使用してテクスチャ、色などのマテリアルプロパティを変更する場合は、
   このテクスチャを使用するすべてのメッシュが自動的に変更されます。
   一括変更関数
   - SetMeshTextureAll(Texture2D texture)
   - SetCustomImageAll(Texture2D texture, string propertyName)
   - SetMeshColorAll(Color color)
   - SetCustomColorAll(Color color, string propertyName)
   - SetCustomFloatAll(float floatValue, string propertyName)
   - SetCustomIntAll(int intValue, string propertyName)
   - SetCustomVector4All(Vector4 vector4Value, string propertyName)


パラメーター

   string optTextureName : 参照するapOptTextureの名前。 (エディタのイメージの名)


リターン


public void SetMeshImageAll ( string optTextureName, Texture2D texture )
public void SetMeshCustomImageAll ( string optTextureName, Texture2D texture, string propertyName )
説明

   apOptTextureDataを使用するすべてのメッシュのテクスチャを一括して置き換えます。
   「_MainTex」を対象とする場合は、「SetMeshCustomImageAll」関数の代わりに「 SetMeshImageAll」関数を使用してください。


パラメーター

   string optTextureName : 参照するapOptTextureの名前。 (エディタのイメージの名)
   Texture2D texture : 置き換えるテクスチャ
   string propertyName : シェーダのプロパティ名


public void SetMeshColorAll ( Color color2X )
public void SetMeshColorAll ( string optTextureName, Color color2X )
public void SetMeshCustomColorAll ( Color color, string propertyName )
public void SetMeshCustomColorAll ( string optTextureName, Color color, string propertyName )
説明

   すべてのメッシュの色を一括的に交換します。
   optTextureNameを入力すると、そのapOptTextureDataを使用するメッシュを対象に色を設定します。
   「mainColor」を変更すると、デフォルトで 「2X Multiply」カラーが使用されます。
   「_Color」を修正する場合は、「SetMeshCustomColorAll」関数の代わりに「SetMeshColorAll」関数を使用してください。


パラメーター

   string optTextureName : 参照するapOptTextureの名前。 (エディタのイメージの名)
   Color color2X / color : 置き換える色
   string propertyName : シェーダのプロパティ名


public void SetMeshAlphaAll ( float alpha )
public void SetMeshAlphaAll ( string optTextureName, float alpha )
public void SetMeshCustomAlphaAll ( float alpha, string propertyName )
public void SetMeshCustomAlphaAll ( string optTextureName, float alpha, string propertyName )
説明

   すべてのメッシュのアルファ(透明度)を一括して交換します。
   optTextureNameを入力すると、そのapOptTextureDataを使用するメッシュを対象にアルファを設定します。
   「_Color」を変更する場合「SetMeshCustomAlphaAll」関数の代わりに「SetMeshAlphaAll」関数を利用してください。


パラメーター

   string optTextureName : 参照するapOptTextureの名前。 (エディタのイメージの名)
   float alpha : 置換するアルファ
   string propertyName : シェーダのプロパティ名


public void SetMeshCustomFloatAll ( float floatValue, string propertyName )
public void SetMeshCustomFloatAll ( string optTextureName, float floatValue, string propertyName )
public void SetMeshCustomIntAll ( int intValue, string propertyName )
public void SetMeshCustomIntAll ( string optTextureName, int intValue, string propertyName )
public void SetMeshCustomVector4All ( Vector4 vector4Value, string propertyName )
public void SetMeshCustomVector4All ( string optTextureName, Vector4 vector4Value, string propertyName )
説明

   すべてのメッシュのプロパティ値を一括で変更します。
   optTextureNameを入力すると、そのapOptTextureDataを使用するメッシュを対象にプロパティの値を設定します。


パラメーター

   string optTextureName : 参照するapOptTextureの名前。 (エディタのイメージの名)
   float floatValue : 「Float」値
   int intValue : 「Int」値
   Vector4 vector4Value : 「Vector4」値
   string propertyName : シェーダのプロパティ名


public void SetMeshCustomTextureOffsetAll ( Vector2 textureOffsetValue, string propertyName )
public void SetMeshCustomTextureScaleAll ( Vector2 textureScaleValue, string propertyName )
1.3.5
説明

   すべてのメッシュの指定されたテクスチャプロパティのOffsetまたはScaleの値を変更します。


パラメーター

   Vector2 textureOffsetValue : テクスチャプロパティの「Offset」値
   Vector2 textureScaleValue : テクスチャプロパティの「Scale」値
   string propertyName : テクスチャプロパティの名前


public void ResetMeshMaterialToBatch ( apOptTransform optTransform )
public void ResetMeshMaterialToBatch ( string transformName )
public void ResetMeshMaterialToBatch ( int rootUnitIndex, string transformName )
説明

   apOptTransformの「Material」プロパティを Bake状態の値に戻します。
   「Draw Call」が減少し、パフォーマンスが向上する可能性があります。


パラメーター

   apOptTransform optTransform : ターゲットapOptTransform
   int rootUnitIndex : 「Root Unit」インデックス (存在しない場合は、すべて検索)
   string transformName : 「apOptTransform」の名 (エディタ上のメッシュまたはメッシュグループの名前)


public void ResetMeshMaterialToBatchAll ()
説明

   すべてのapOptTransformの「Material」プロパティを Bake状態の値に戻します。
   「Draw Call」が減少し、パフォーマンスが向上する可能性があります。


public void ResetMeshMaterialToBatchByTextureName ( string optTextureName )
1.1.4
説明

   要求された 「Texture」を使用しているすべての「Material」属性をBake状態の値に戻します。
   「Draw Call」が減少し、パフォーマンスが向上する可能性があります。


パラメーター

   string optTextureName : 参照するapOptTextureの名前。 (エディタのイメージの名)


public void MergeMaterials ( params apPortrait[] otherPortraits )
1.3.5
説明

   関数が呼び出されるキャラクターや、引数として入力される他のキャラクターを含む材料をマージしてドローコールを減らします。
   マテリアルがマージされたapPortraitは、マテリアルバッチ変更関数の動作を共有します。
   マテリアルがマージされた状態では、マテリアルのプロパティを変更するいくつかの関数の動作方法が変わります。
   この関数が呼び出されると、内部で「ResetMeshMaterialToBatchAll()」関数が実行されます。
   詳細については、関連ページを参照してください。


パラメーター

   params apPortrait[] otherPortraits : 他のapPortraitを入力してください。 「params」キーワードによって 1 つ以上を入力したり、何も入力しないことがあります。


public void UnmergeMaterials ()
1.3.5
説明

   マテリアルのマージを解除します。
   このapPortraitに関連付けられているすべてのapPortraitにも同じように処理されるので、一度だけこの関数を呼び出すだけです。
   この関数が呼び出されると、内部で「ResetMeshMaterialToBatchAll()」関数が実行されます。